FC2ブログ

菩提樹の木陰で

Entries

カンフーパンダ2

DVDで「カンフーパンダ2」見ました。




パンダ―のポーが、悪役の白孔雀シェン大老に
こんなことを言うシーンがあります。


始まりが悪くても

そのあとは自分しだい

全部受け入れて

許したら

幸せになれるんだ



シェンは、将来を有望視された孔雀の王子でしたが
ダークな一面があり、それを心配した両親に王国を追い出されました。

親に見捨てられた・・・この出来事は、シェンの心に深い傷を残すのです。


ポーも捨て子で、実の親の記憶がありませんでした。

シェンの苦しみが、ポーにはよくわかったのかもしれません・・・


でも

シェンは「そんなこと出来ない!」と言って闘うことを選び、破滅します。



もし

シェンが許すことを選んだら

自分を誇示するために武器を使うことも必要なくなり

闘いは終わったのかもしれません。



ポーが習得した、最悪の状況でも平穏な心を取り戻す「inner peace」。



先のポーの言葉は、「inner peace」の極意を言ってるのかも。


うーん、深い!










Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

lime0tree

Author:lime0tree
性別:女
職業:仕事人

'菩提樹の木陰で'

大きな樹の下で、
穏やかで安らかな日々を、
愛する人と送りたい


北欧神話が好きです。
ケルトの占いがベースの木精占いによると、私は「ボダイジュ」。
好きなエッセンシャルオイルはリンデン(西洋ボダイジュ)。
奇妙な縁を感じて、ブログのタイトルにしました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR