FC2ブログ

菩提樹の木陰で

Entries

ホビット 決戦のゆくえ

ホビットシリーズの最終章、「決戦のゆくえ」を見てきました。



「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズは全て見ましたが、「ホビット」シリーズのほうが好きです。

物語の時系列でいうと、「ホビット」のほうが「ロード・オブ・ザ・リング」よりも前になります。
二つのシリーズを合わせて考えると、いろんなことが繋がってくるので面白いです。

登場人物のひとり、ホビット族のビルボ・バギンスは、旅を終えたあと、魔法使いガンダルフに嘘をついて、魔法の指輪を自分のものにします。

後年、その指輪はビルボの養子であるフロドに受け継がれることになります。

「ロード・オブ・ザ・リング」の中で、ビルボは、その指輪にかなり執着していました。

私は、それは指輪にこめられた呪力によるものだと思っていたのですが、この映画を見て、少し感じ方が変わりました。

過酷な旅を終えたビルボにとって、あの指輪は、友情や勇気、信頼、真実を思い出させてくれるものとなりました。

極限の状態にいたからこそわかる、本当に大事なもの、そういう状態でしか得られない、人とのつながりなど、そういった経験が、すべてあの指輪にこめられていました。

だから、ビルボにとっては、持ち主をとりこにしてしまう魔力以上に、旅の経験によって、指輪に惹きつけられたのかも、と思うようになりました。

実は、私はまだ原作を読んだことがないので、これから読んでみたいです。

ところで、映画の邦題は「ホビット 決戦のゆくえ」ですが、原題は「The Battle of the Five Armies」。
五人の兵士の戦い、ですね。
若干ネタばれを含むタイトルなので、「決戦のゆくえ」にしたのかなー

決してハッピーエンドとはいえない結末ですが、旅の終わり、見届けられて良かったです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

lime0tree

Author:lime0tree
性別:女
職業:仕事人

'菩提樹の木陰で'

大きな樹の下で、
穏やかで安らかな日々を、
愛する人と送りたい


北欧神話が好きです。
ケルトの占いがベースの木精占いによると、私は「ボダイジュ」。
好きなエッセンシャルオイルはリンデン(西洋ボダイジュ)。
奇妙な縁を感じて、ブログのタイトルにしました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR