FC2ブログ

菩提樹の木陰で

Entries

太陽を盗んだ男

ジュリーこと沢田研二が主演した「太陽を盗んだ男」を見ました。




あまり邦画は見ないのですが、最近は、少し昔の(昭和のにおいがする)映画を選んで
見てます。

プルトニウムを盗んで原爆を作り、騒動を起こす教師の話です。

この教師、「核兵器を爆発させるぞ」と政府を脅し

「プロ野球のナイター戦を終了まで放送しろ」 やら
「ローリングストーンズを来日させてコンサートをやれ」 などと

要求します。
このあたりは、ものすごく昭和な感じがします。

でも、カーチェイスや爆破シーンなどは、かなりの迫力。
現代でも十分通用するレベルです。

私は、ずいぶん前にこの映画をテレビで見たことがあります。
心が動かされる内容ではありませんでしたが、奇抜な発想と
『脅迫』の威力に、少なからずショックを受けたのを覚えています。

今回見て思ったのは、ひとこと「空しい」ということ。

皇居への突入や、プルトニウムの盗難、日本人教師による原爆づくり、と
タブーに挑戦したところは評価に値するところなのでしょうが

教師が作った核爆弾は、「兵器」や「生命への脅威」といった感じが全然しないのです。

銀色の丸いスイカ、まるでオモチャみたいなのです。

監督の長谷川和彦は、胎内被爆者だということで、
決して「原爆」という存在を軽視しているわけではないと思うのですが

なんでしょう・・・この奇妙な感じ。

そして、主人公の教師は、核爆弾という大それたものを作りあげ、世間の注目を集め
政府を脅迫までしたのに

何かを成し遂げたわけでもない。

むしろ、多くのものを失ってしまっただけ。

孤独な彼とつながりを持った人たちが死に、彼自身も被ばくし、

それでも以前と変わらない日常。


空しい~~~~~


太陽は、命の源。
ですから、私は「核爆弾」を太陽だとは思わないけれど、イカロスの神話にもあるように
「己を知らぬものが、近づくと命をおとす」という比喩としてなら・・・
なんとなくわかる気がするかな。


ところで

刑事役の菅原文太。

ジュリーと格闘するシーンがあるのですが、迫真の演技。

とにかくすごかった。

何発撃ち込まれても死なないんだもん。

倒れても倒れても立ち上がり、鬼の形相でジュリーを追い詰めます。

それでも、刑事の思いは叶わないまま・・・


ああ、やっぱり、この映画は空しい!







Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

lime0tree

Author:lime0tree
性別:女
職業:仕事人

'菩提樹の木陰で'

大きな樹の下で、
穏やかで安らかな日々を、
愛する人と送りたい


北欧神話が好きです。
ケルトの占いがベースの木精占いによると、私は「ボダイジュ」。
好きなエッセンシャルオイルはリンデン(西洋ボダイジュ)。
奇妙な縁を感じて、ブログのタイトルにしました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR