FC2ブログ

菩提樹の木陰で

Entries

紳士は金髪がお好き

マリリン・モンローに魅了され、また彼女の映画を見ました。

「紳士は金髪がお好き」は、1953年に公開されたミュージカル映画です。



主人公は、二人のセクシーな美女。

ひとりは、玉の輿狙いの金髪のローレライ(マリリン・モンロー)。

彼女は、自分の欲望に忠実。したたかだけど少々抜けたところがあって憎めない女性。

もうひとりは、ブルネットのドロシー(ジェーン・ラッセル)。

彼女は、ローレライの親友で、世話好きのしっかり者。

そんな二人が、それぞれ運命の相手を見つけ、結婚するまでのストーリー。

マリリン演じるローレライは、お金やダイヤモンドには目がないのですが、見た目は冴えない御曹司を婚約者に選んだ理由は、お金だけではありませんでした。

「男性はみんな私を欲しがるけど、私の話を聞こうとはしなかった。いつも自慢話を聞かせるばかり。
でも彼は、違ったの。私を尊重してくれた。私の話に、ちゃんと耳を傾けてくれたわ。だから好きなの」

「お金はもちろん大事よ。でもその前には、愛が必要なの。愛してる相手とじゃなきゃ結婚できないわ」

ドロシーは、お金より愛を選びましたが、ローレライは、お金も愛も手に入れてしまいました。

好きなものには妥協せず、無邪気に追い求めることが、成功の秘訣なのかも。

この映画でも、マリリンはコケティッシュでセクシーな魅力を振りまいています。

バストやヒップはものすごく豊かなのに、ウェストはきゅっと締まっていて、腕と足首がほっそりしている。。

古代の彫刻、女神像みたいなボディです。

ドロシー役のジェーンも、マリリンに負けないゴージャスなボディの持ち主ですが、マリリンと比べると健康的で知的なイメージでした。

映画の中で、ダイヤのティアラを盗んだ疑いをかけられたローレライを助けるため、ドロシーがローレライの身代わりに裁判所へ行くシーンがあります。

ドロシーは、ブロンドのウィッグをかぶり、ローレライを真似た話し方(マリリンのぼそぼそした甘~い話し方)をするのですが、それがそっくり!
同じ声でも、話し方でこんなに変わるんだなぁと面白かったです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

lime0tree

Author:lime0tree
性別:女
職業:仕事人

'菩提樹の木陰で'

大きな樹の下で、
穏やかで安らかな日々を、
愛する人と送りたい


北欧神話が好きです。
ケルトの占いがベースの木精占いによると、私は「ボダイジュ」。
好きなエッセンシャルオイルはリンデン(西洋ボダイジュ)。
奇妙な縁を感じて、ブログのタイトルにしました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR